脇の下の毛穴が目立つ原因について考えてみる

 

脇の毛を処理する女性

顔に比べて、手や足、脇の下の毛穴は皮脂の分泌がそんなに多くありません。そのため、顔に起こる毛穴のトラブルと、手や足、脇の下に起こる毛穴のトラブルの原因と対処法は同じではないと言えるでしょう。

 

脇の下の毛穴が目立つ原因のほとんどは、間違ったムダ毛ケアの方法にあります。ワックスや脱毛テープを使ってムダ毛を引きはがしていると、毛穴に過剰な刺激が与えられて炎症が起き、赤くなったり、鳥肌のように盛り上がったりして、毛穴が目立つようになってしまいます。

 

脱毛後に脇の下が赤くなっていたら、間違いなく炎症を起こしている証拠です。この炎症をそのままにしておくと、メラニン色素が過剰に生成されて、肌全体が黒ずむことにもなりかねません。また、カミソリを使った脱毛ケアも肌に傷を作る原因となります。カミソリはムダ毛だけでなく、皮膚も一緒に削り取ってしまうので、毛穴に過剰な刺激を与えることになります。

 

エステサロンや美容皮膚科で脱毛処理をすると、肌のヘアも一緒にしてくれるので、こういった肌トラブルが起こる可能性が低くなりますが、自分でムダ毛処理をしている人は注意が必要です。遺伝で黒くなりやすい人もいるようですが、それでも諦めない事です。脱毛後に保湿などのケアをきちんとしておくと、毛穴が目立つというようなこともなくなります。