脇の黒ずみにクエン酸がいいと判断する人がいる理由

 

脇の黒ずみへの対処には、専門医やエステで行うものと自宅で気軽にできるものがあります。中でも、クエン酸ピーリングは手軽なものとして自力で行う人が多いようですね。NHKの番組でも皮膚科医の人が黒ずみへの対処法として紹介していたため、話題になった方法です。

 

クエン酸ピーリングは、特殊な機械や薬品などが不要なので続けやすいのがポイントといえます。自宅で行う処理は、手軽にできないとなかなか続きませんからね。クエン酸ピーリングの方法は、まずクエン酸水溶液を作ります。水90mlにクエン酸大さじ一杯を加えてよくかき混ぜます。

 

できあがった水溶液を、シャワーの後など清潔な状態で脇の黒ずみ部分にむらなく塗ります。五分ほどおいたら、あとは洗い流すだけです。注意事項として、脇のムダ毛処理直後には行わないでください。最低でも三日程度あけて、処理で傷めた肌の回復を待つのです。また、週一回程度のペースでピーリングによる肌への負担を小さくしてください。